発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

image


高校の同窓会があった。還暦の歳なので200人が集まった。最初は誰が誰だかわからない。受付で名札を渡されて、みんな首から下げている。名札を見て確認をしあう。1976年卒なので41年ぶりだ。それでも何人かすぐわかる人がいる。見た目がほとんど変わらない。まったく変わってしまって思い出せない人もいる。それでも話してみると思い出す。見た目が変わっても声はあまり変わらないのだ。悲しいことに、1クラスに3〜4人は亡くなっている。何人かは連絡が取れず、行方不明。

話していると昔の思い出が蘇る。記憶が人によって大きく違う。話し相手はよく覚えていても自分はまったく覚えていない話。自分がよく覚えていても相手はぜんぜん覚えていない話。人の記憶なんてそんなものなんだな。そんなことあったっけとか、そうだそうだとか盛り上がる。男子からも女子からも、君付けで呼ばれるのが新鮮だ。

話していると友人たちの性格はあまり変わっていないなぁと感じる。見た目は変わっても学生のころの雰囲気はけっこうそのままだ。目立っていた人はやはり目立っている。おとなしかった人はおとなしい。話しぶりは昔のままだ。

見た目は歳をとったけど、気持ちは学生時代に戻った。若返った感じがする。あの頃のワクワク感が蘇る。ときめいていた人と会話すると照れてしまう。同窓会は人を若返らせるかもしれない。それでも、40年の時はたった。卒業してからそれぞれの40年の人生がある。それぞれの人生がどんなものだったのだろうかと興味深く思う。

image


20年ほど前に、会社の調律師の学校で調律を少しだけ習ったことがあります。ピッチの調整だけでしたが、チューニングハンマーがなかなか止まらない。うまくあっても弾いているとすぐにずれてしまう。ピアノの調律師には尊敬の念が耐えません。そんなピアノ調律師のお話です。

北海道の山奥で育った主人公が、学校のピアノの調律に立ち会って、調律師になりたいと思う。本土の調律師の学校で勉強して、北海道の楽器店で調律師になる。新米調律師としての日々の葛藤が淡々と描かれている。とても静かで美しい文章です。一途で純粋でブレずに夢を探しながら生きていく青年。自分の若かりし頃を振り返って、そんなことが自分にはあっただろうかと思いました。

タイトルの羊と鋼の森がピアノの事である事は本を読むまでは気がつきませんでした。羊はハンマーのフェルト、鋼は弦、森は林立するチューニングピンからのピアノの象徴。2018年には映画化されるそうです。主人公役は山崎賢人さん。ぴったりだと思います。

image


2017年年頭言

2016年の目標は、
1)新会員組織のスタート
2)次世代チームの育成
3)セカンドステージのロードマップの確立
でした。

新会員組織は、従来のマスベースの広告宣伝から、ファンベースへと移行させる仕組みづくりの最終段階でした。一昨年末に経営陣に説明をしたものの、さまざまな過去からの仕組みの改定・統合も同時に進めるため、提案がなかなか肚に落ちてもらえません。結局説明を繰り返し、ずいぶん時間がかかってしまいましたが、メンバーの努力で7月にサービスイン、11月にはスマホアプリもスタートすることができました。念願叶って本当にうれしい。

そうして出来上がったファンベースのマーケティングを推進するためには、日々の運用、情報発信、ファンイベントの開催、データ分析が欠かせません。人材の育成こそがファンベースのマーケティング推進の根幹です。自分の人脈を活用して、その道の専門家を招聘して勉強会を4回開催できました。話をしてくださった皆さんに感謝いたします。しかし、人の育成はまだまだです。

個人的にはセカンドステージに向けて、オプンラボと「くらラボ!」と称した勉強会を2回開催しました。丸ノ内プラチナ大学でヨソモノ町おこしを学びました。横浜市の起業スクールに通いました。4月に新入社員の研修で実施したドラムサークルの魅力にはまり、ドラムサークルのセミナーに参加し、ジャンベ教室に通い始めました。「シン・ゴジラ」、「君の名は。」見ましたよ。そして一番良かったのは「この世界の片隅に」不安定な時代だからこそ、人々の生活を脅かす動きには注視していかなければなりません。

さて、2017年はいよいよ次のステージへ踏み出します。自分のミッションを「人と人のつながりを通して、人々を笑顔にする」としました。体得してきたファンベースのマーケティングの提案と、それを実行する人材の育成で貢献したいと思います。企業も人です。顧客も人です。人と人を商品・サービス・体験でつないで、お互いが笑顔になるマーケティングを推進したい。もう一つ、ドラムサークルは人と人をつなぐ、素晴らしい体験です。このドラムサークルのさらなる普及にも貢献したい。とはいえ何よりも大切なのは健康です。

そういうわけで、2017年の年頭言(目標)は、
「鍛える、挑戦する、学び続ける」
としました。


4
image

出口さんにお会いしたのはループスの主催するセミナーでした。ライフネット生命社長としての出口さんのお話はとても明快で、ビジネスの成功に重要なのは、数字、ファクト(事実)、ロジック(論理)だというのが心に響きました。出口さんは活字中毒者で1万冊以上の本を読んでいると言います。この本で勧められる本は私はまったく読んでいません。自分の若かりしころを振り返ると本当に情けない気持ちになります。どうして本を読まなかったのでしょう。なんて損をしてしまったのでしょう。

自分は子供のころは本が嫌いでした。親が少年少女文学全集を買ってくれました。その本は名作に溢れていましたが、厚いのが嫌でした。ほとんど読まず、本好きの父が読んでいました。私は押し花作りの重しに使っていました。

本を読むようになったのは、40を過ぎて東京に転勤になってからです。電車での通勤時間が1時間以上あり、暇つぶしに読み始めたのです。ちょうど管理職になって部下を持ち、新規事業の担当になったこともあって、ビジネス書を読み始めました。

出口さんはビジネス書を読むより、古典や歴史、小説を読んで人間を知る方が役に立つといっています。古典を読んで自分で考えることを学ぶ。教養のない人は自分の頭で考えられない。考えられない人は他人に支配されてしまうというのです。古典は岩波文庫から選ぶと良いと。そういえば高校の国語の先生も、夏休みに岩波文庫を読みなさいと強く勧めらました。けれど結局読みませんでした。

出口さんは何をするにも遅すぎることはけっしてないと言います。今からでも間に合うでしょうか。本をたくさん読んでみたいと思います。

以下、気になった点をメモ。

「ひとつでも新しいことを知りたいと思う気持ちが教養。」

「人から学ぶ、本から学ぶ、旅から学ぶ。」

「花には薫り、本には毒を。毒の強い本は記憶に残る。」

「まとまった知識は本から。直近の情報は新聞から。百科事典がわりにネットを使う。」

「新しいことを学ぶときには、7〜8冊読む。読むときは分厚い本から読むと輪郭がつかめる。最後に薄い入門書を読んで体系化する。本で読んだら実際に体験してみる。」

「合わない本は無理には読まない。」

「インプットした情報は言語化して、アウトプットすることで初めて整理して身につく」本を読んだら書評を書きましょう。

「書いた文章は声に出して読むと、客観的に見直すことができて、よりよく整理できる」

「今のあなたが残りの人生で一番若い。」

このページのトップヘ