発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

アマゾンからオーディブルというサービスのお誘いを受けました。月額1500円で、朗読が聴けるというのです。最近目が疲れやすくなって、通勤時の読書やスマホが辛くなってきたので、1カ月無料お試しをしています。まだまだ蔵書数は少ないのですが、意外と良いです。

ビジネス書をいろいろ読むのが趣味でしたが、さすがに新しいビジネス書の朗読は少ないです。しかしながら最近興味が湧いてきた歴史の話は結構あるのです。またいわゆる名作もあります。

今回は太宰治の人間失格を聴きました。実は読んでいません。高校の時、国語の先生に若いうちに名作を読め、岩波文庫を読破しろと言われましたが、田山花袋の蒲団を読んだら暗くなり、夏目漱石のこころを読んで暗くなり、あとは何も読みませんでした。

人間失格は、嫌な男の話です。でも自分の中にもこんな感情はあるでしょう。今日な自己嫌悪に陥っているので、人間失格は心にしみました。

オーディブルは、なかなか良いサービスです。もうしばらくは、お金を払って使おうと思います。

オーディブル


オーディブルの1カ月無料体験を試した感想


image


CRMを考えようということになって、他社事例を調べたり、さまざまなCRMツールのデモをみたり、コンサルタントにアドバイスをもらったり、ワークショップを実施したりした。

解ったことは、顧客に対しどう向き合うかということを、明確に決めて試行錯誤を繰り返すこと。一人ひとりの顧客に最適なタイミングで、最適な情報を提供する編集力を身に付けること。

とあるコミュニティサイトは我々の対象となる顧客が多かったので、そこの顧客に向けてメールマガジンに記事を出稿していた。広告代理店はメールマガジンだけでなく、サイトにページを作る提案をしてきた。

ページは、コミュニティサイトの運営側が作ることになっていた。さっそく導入した。ところが、ページのコンテンツ作成に想定外に手間暇がかかった。費用がかかった割には期待するようなページにはならず、アクセス数も期待以下だった。

コンテンツは、自分たちで作るべきだと痛感した。

Facebookが流行り始めたころ、軽い気持ちで自社Facebookページを始めた。始めてみると、担当者の頑張りでさまざまなことが解った。顧客に響く記事を作るには思い込みではなく、見せ方、タイミング、内容について、トライアルを重ねてノウハウを取得していくしかない。

顧客と向き合うには、試行錯誤が必要だ。

自社のウェブサイト、メールマガジン、会員誌、ウェブ広告がバラバラに作られていたので、取りまとめてひとつのチームで企画・編集するようにした。バラバラではなく、連携、連動して相乗効果を発揮するようにした。

次はこのチームにCRMを考えてもらう。CRMのツールや手法はさまざまあるが、結局は、顧客とどう向き合い、顧客にどう情報を提供していくかを考え、試すことを繰り返していくしかない。それによって顧客が愛着心を持って、製品・サービスを愛用してくれる。そのためには顧客や明確に定義して、その顧客の立場で情報戦略を考える編集部が社内に必要だ。

将来はスマートフォンが顧客と繋がるメディアとなる。スマートフォンは個人のツールなので、メディアはますます個人に最適化することを求められる。だからこそ、一人ひとりの顧客に最適な情報を最適なタイミングで提供する編集力を試行錯誤で身に付けることが重要なCRM戦略になる。

image


毎年恒例にしている今年の目標・抱負にあたる「年頭言」を記します。尊敬する佐々木常夫さんも年頭所感を勧めています。
http://toyokeizai.net/articles/-/98047

2015年は、次の3つの目標を年頭言に記しました。

1)顧客データベースの統合
2)コミュニケーション戦略を推進するチームの育成
3)顧客を優良化する仕組みの構築

顧客データベース統合はまだまだ道半ばに終わりました。

コミュニケーションチームは4月に組織化して、少しずつ動き始めています。難しいのは「伝える」を「伝わる」にすること。自分の気持ちをメンバーに伝わるようにするのさえ難しい。何度もいろいろな形で伝えることで、伝わる努力をしなければなりません。お客様へ、気持ちを伝え、それがきちんと伝わるようにするのも、日々のトライアンドエラーが重要だと思います。

顧客を優良化する仕組みづくりは、ワーキンググループを作ったので、意欲的にメンバーが動き出しました。新しい試みなので、あちこちから横ヤリも入りました。私の仕事はそういう人たちに正しく考え方を伝える事です。

日本漢字能力検定協会の2015年の「今年の漢字」は「」でしたが、これに合わせて自分でやっている私の「マイ漢字」はいろいろ前進したものの、悩む事が多かったので「」にしました。

さて、2016年は、2015年の延長線上です。次の3つとします。

1)新会員組織のスタート
2)次世代チームの育成
3)セカンドステージのロードマップの確立


3つ目のテーマは自分自身のテーマです。外への発信力を高めて、人々の役に立つライフワークを見つけたいのです。

image


毎年恒例になった「今年の漢字」。2015年は「」だそうだ。安保の「安」、安倍の「安」ですか?なんだかなぁという感じ。安村の「安」で笑い飛ばすわけにもいかない。安心、安全の「安」であって欲しいものです。

さて自分も今年の漢字を2006年から決めてきた。日本漢字能力検定協会の今年の漢字と並べて振り返ってみよう。

2006年
「命」:悠仁親王の誕生。
「混」:コーポレートのグローバルウェブサイト統合を提案して新体制ができた。しかし新しい事を始めるにあたりいろいろ乱。

2007年
「偽」:不二家、白い恋人、赤福餅などの食品表示偽装。年金記録問題の発覚。
「拡」:サイト統合を欧州から着手。仕事ががりはじめた。

2008年
「変」:アメリカ大統領選挙で、オバマ氏が変革を打ち出して当選。
「動」:部門長が代わり、遅れていたサイト統合がきはじめた。

2009年
「新」:鳩山由紀夫新政権誕生。
「進」:欧州サイト統合がんだ。

2010年
「暑」:記録的猛暑。
「成」:日米サイトが統合完了。ついに念願のサイト統合が立。

2011年
「絆」:東日本大震災。
「転」:日本のグローバルサイト統合に合わせて国内営業にじた。

2012年
「金」:ロンドンオリンピック、金環日食。
「始」:国内営業でCRM戦略構築がまった。

2013年
「輪」:東京オリンピック招致決定。
「飛」:本社社長交代。新販売会社設立。出向して新体制でび跳ねる。

2014年
「税」:消費税率アップ。
「基」:新会社のゴタゴタが落ち着いてCRM戦略構想の盤が固まった。

2015年
「安」:安保関連法案が成立。
「悩」:CRM戦略も前進して実行フェーズに移った。うまく行きだしたものもあり産みの苦しみある。10年後を想定した中長期的戦略議論に参加して、自分の将来も含めてむ。悩む。

このページのトップヘ