発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

image


毎年恒例になった「今年の漢字」。2015年は「」だそうだ。安保の「安」、安倍の「安」ですか?なんだかなぁという感じ。安村の「安」で笑い飛ばすわけにもいかない。安心、安全の「安」であって欲しいものです。

さて自分も今年の漢字を2006年から決めてきた。日本漢字能力検定協会の今年の漢字と並べて振り返ってみよう。

2006年
「命」:悠仁親王の誕生。
「混」:コーポレートのグローバルウェブサイト統合を提案して新体制ができた。しかし新しい事を始めるにあたりいろいろ乱。

2007年
「偽」:不二家、白い恋人、赤福餅などの食品表示偽装。年金記録問題の発覚。
「拡」:サイト統合を欧州から着手。仕事ががりはじめた。

2008年
「変」:アメリカ大統領選挙で、オバマ氏が変革を打ち出して当選。
「動」:部門長が代わり、遅れていたサイト統合がきはじめた。

2009年
「新」:鳩山由紀夫新政権誕生。
「進」:欧州サイト統合がんだ。

2010年
「暑」:記録的猛暑。
「成」:日米サイトが統合完了。ついに念願のサイト統合が立。

2011年
「絆」:東日本大震災。
「転」:日本のグローバルサイト統合に合わせて国内営業にじた。

2012年
「金」:ロンドンオリンピック、金環日食。
「始」:国内営業でCRM戦略構築がまった。

2013年
「輪」:東京オリンピック招致決定。
「飛」:本社社長交代。新販売会社設立。出向して新体制でび跳ねる。

2014年
「税」:消費税率アップ。
「基」:新会社のゴタゴタが落ち着いてCRM戦略構想の盤が固まった。

2015年
「安」:安保関連法案が成立。
「悩」:CRM戦略も前進して実行フェーズに移った。うまく行きだしたものもあり産みの苦しみある。10年後を想定した中長期的戦略議論に参加して、自分の将来も含めてむ。悩む。

image


こんなメモが出てきたので、恥ずかしいけど載せておこう。

部下をもったら…

・まめに部下に声をかける。

・忙しくても手を休めて、まず部下の話を、目をみて聴く。

・仕事を任せる。任せてチェックするが、最後まで自分で直させる。

・指示命令でガチガチに縛るのではなく、自主性を重んじる。

・自分のダメなところは隠さないで、フォローしてもらう。

・知らないことはそのままにせず、勉強する。恥ずかしがらずに部下に聞く。

・短時間でも現場に出向き、体験する。

・部下のプライベートを可能な限り把握して、ケアする。

image


3連休は天気もぱっとしないので自宅でテレビドラマ三昧です。我が家ではテレビドラマは録画して週末に一気視聴です。CM飛ばしです。

今シーズン人気なのはなんといっても池井戸潤さんの「下町ロケット」。セリフが感情的すぎて現実的ではないけれど、そこがウケる理由かもね。メーカーの元技術屋としてはうれしいネタ。

次は「エンジェルハート北条司さん原作のハードボイルド漫画のドラマ化。非現実的なストーリーだけど、移植された臓器に元の持ち主の想いが宿っているというのがなんとも物哀しい。元恋人の心臓を移植された台湾マフィアのボスの娘、スナイパー、香瑩(シャンイン)役の三吉彩花さんが良い雰囲気を醸し出しています。

視聴率が低迷しているがお気に入りなのは「掟上今日子の備忘録」。西尾維新さんのライトノベルが原作。主人公の掟上今日子は前向性健忘症で、寝ると前日の記憶が無くなってしまうという悲しい設定。それ故に1日で解決する最速探偵。依頼主の記憶も無くなるので、機密性の高い案件にぴったり。西尾さんのストーリーが凝っていてこれは面白いです。掟上今日子役の新垣結衣さんも役にはまっていて可愛らしい。

23日の朝、たまたま観たのが、NHK福岡の地域発テレビドラマ「ここにある幸せ」。福岡の津屋崎が舞台。脚本が「泣くな、はらちゃん」の岡田惠和さん。出演は松田翔太さんと宮本信子さん。ほっこりするストーリー。どこに住んでいても一人ひとり誰にでも歴史があり物語があるのです。

●下町ロケット
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

エンジェル・ハート
http://www.ntv.co.jp/angelheart/

西尾維新
http://ni.siois.in

掟上今日子の備忘録
http://www.ntv.co.jp/okitegami/

ここにある幸せ
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/shiawase/

image


タイトルが刺激的なので読みました。古今東西さまざまなビジネス理論や事例検証があるけれど、現場に行き、観察し、感じて、仲間を信じてオープンに情報共有し、会話をして、議論し、ブレストして、自分たちで道を拓いて行く事が、コンサル任せにするより重要だという話。

本から抜粋すると

「ビジネスは「人」である。」

「定説を鵜呑みにせず、自分たちのやろうとしていることがどんな結果をもたらすか、しっかり考えること」


以下は読後メモ。ネタバレなので読みたい人はご注意。


「ビジネスは数字では管理できない」

ビジネス理論は流行りのダイエットと同じ。そうだね。役に立たない経営理論に頼るのはやめて、みんなで腹を割って話し合うことが大事。当たり前なのに忘れがち。


「将来を予測するのは難しい」

どんなに優秀な人が書いたビジネス書でも事例に出てくる企業の半数は業績がふるわなくなっている。これは当たり。時代は急速に変わっていく。


「戦略計画自体にはほとんど価値はない。計画を立てる過程にこそ価値がある」

しかし多くの企業は、コンサルタントにそれをやらせるため、プロジェクトが完了すると蓄積された知識もコンサルタントと共に出て行く。自分たちで頭を使って考えることが大事。


「現場!」

経営者は現場からの情報収集をしなければならない。あらゆる情報を全社で共有しなければならない。大きなチャンスを見逃さないように従業員も十分な情報を知っておく必要がある。


「データ(ツール)よりも付箋(ブレスト)」

机上でデータ分析をするよりも現場の声を聞き、皆んなで協力して創造的なやり方で頭を使った方が良いアイデアが生まれる。


「数値目標に振り回されるな」

指標は車のダッシュボードと同じ。ダッシュボードだけを見て道路を見なければ衝突する。だからBIはうまくいかないのかな。


「業績管理よりコミュニケーション」

業績管理システムの記入に時間を使うより、1対1ミーティングを頻繁に行ってレビューやフィードバックに時間を使ったほうが良い。本当に業績管理システムの評価用の書き込みはもっと減らしてシンプルにすべきだと思う。



【あるあるネタ】

部門同士が連携をとらずバラバラに仕事をしていると、お互いに相手の部門がやっていることがめちゃくちゃに思え、駆け引きや腹の探り合いが始まり、不信感が高まって、何の価値も生まれない。

コンセプトが未完成なうちに関係者全員に見てもらえれば、ダメな案は早い段階で修正できるのに、バカだと思われたくないので、コンセプトが完璧になるまで他部門の人にはあまり話そうとしない。

業績管理システムで管理しなくてもマネジャーも部下も会社の目標達成に向けて努力するはずだ、と信頼できない会社は大きな問題を抱えている。

このページのトップヘ