発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

image


小売業で、いち早くデジタルマーケティングの重要性に気づき、顧客コードのデータ分析や、スマートフォンアプリを活用したマーケティングを実践してきた人が転職することになった。

マーケッターに必要なのは「精度の高い妄想力」だという。データを見て新しいキャンペーンを思いつき、仕組みを組み込んで実践し、結果を見える化していく。ネットやスマホから獲得される顧客行動を分析して、新しい販促企画を考えて、実践する。

マーケッターが忙しすぎるという。何に忙しいのか? 雑用が多いのではないか? 無駄な書類、無駄な報告、過剰な申請業務。無駄な社内調整。作業に追われる。頭を使う時間がない。

頭を使うのは苦痛だが、作業は楽しい。仕事をした満足感を得られる。だから頭を使って考えるよりも、作業に時間をつぎ込む。

その結果、妄想力は身につかない。企画力は伸びない。いつもと同じような企画を立てる。なんとかならないかと言われれば、外部に丸投げする。

丸投げすれば、待っているだけで企画がやってくる。自分は考えなくてすむので、妄想力は身に付かない。企画力も伸びない。

上長は、マーケッターが妄想力と企画力を伸ばせるように、無駄な仕事を無くさなければならない。妄想力と企画力を鍛える訓練を提供しなければならない。

デジタルマーケティングが発達して、ツールやデータが入手できても、結局はそれを扱い、頭を使って妄想し、企画にまとめる「」が肝心なのです。

image


ずいぶん前に書いたメモが今読んでみたら、的を得ていた。


1)まずは傾聴する

改革には抵抗がつきものだ。人は生理的に変化を嫌う。だから改革は拙速に進めない。

目標やあるべき姿を頭から押しつけるのではなく、まずは現状の傾聴をする。できるだけ現場を回り、多方面から生の声を聞く。


2)びっくりさせない

目標やあるべき姿を理解させるだけでなく、過程、プロセスを慎重に進めないと、抵抗勢力になる。

抵抗勢力になりそうな人には事前の根回しをして、びっくりさせない。恥をかかせない。


3)抵抗勢力を改革のメンバーに取り込む

改革の対象で抵抗勢力になりそうなメンバーの中から改革推進に好意的な人を選び、リーダーにして改革推進チームをつくる。

改革推進側はその改革推進チームの一メンバーとして入りリーダーをバックアップする。


4)良い警官と悪い警官で改革を進める

改革推進側は、良い警官・悪い警官(Good Cop/Bad Cop)の役割りを決めて、飴と鞭を使って改革を進める。


5)ルールや原則は明文化する

ルール、原則は必ず明文化して、いつでも振り返ることができるようにする。もめた時はルール、原則に従って判断する。

ルール、原則を押し通すだけではなく、猶予を与えて先延ばしするのも戦略。ただし期限を明確にする。


6)3階層の会議体で筋を通す

担当者レベルだけでなく、必ず上司にも筋を通す。

役員レベル、マネジャーレベル、担当者レベルの3つの階層にわけた会議体をつくり、それぞれの立場に合わせて報告・議論・意見収集する。

担当者レベルからの要望はマネジャーレベルで吟味し、役員レベルでオーソライズする。


いろいろ大変だったからね。

image


2歳年上の藤原さんの50代からの人生論。

1)人生のエネルギーカーブを描いてみて、今までの浮き沈みを把握してみる

なるほど。

2)フランス人のように、正解主義をやめて自分なりの幸福論をつくる

フランス人は自分の考えで生きているからね。50になったら自分の思うがままに生きることだ。

3)身体のシグナルは価値観の転換期と知る

体調を崩した時は身体からの発信。藤原さんはメニエール病になっていた。

4)自分で本を出し、講演できるスキルを身につける

講演は機会をいただいたので、今度は本を出したいなあ。

5)コミュニティをシフトする

藤原さんのいう所の「地域本部」に参加すること。会社のコミュニティから地元のコミュニティへ。

6)夫婦で地元のいいお店探しをする

二人で呑みに行くのか。照れるなぁ。

7)テレビ、クルマ、家、生命保険を見直す

僕らの世代はどっぷりつかっているからね。生命保険はファイナンシャルプランナーに有料相談してアドバイスをもらった。

8)いざというときの疎開先を見つけておく

日本中どこへ行っても災害の心配はある。いざという時に退避できる場所があるといいわけだ。

9)インターネット上にも居場所を作る

これは作りました。

10)身体を動かし体の資産づくりをする

億劫がらずに運動しないとね。

image

優秀なA君に2つの仕事を頼んだ。彼ならば2つの仕事を達成することができると思った。しかし彼は2つのうち、1つを選び、もう一つはできないと言ってきた。そしてなぜできないのかを論理的に説明してくれた。

最初は私はがっかりしたのだが、説明を聞いて納得できた。彼が説明した通り、その仕事は私の想定より難しかった。

選んだ仕事に専念した彼は、予定通りに首尾よく完了させた。もし無理に2つの仕事をしていたら、どちらも予定通りに終わらず、混乱していたであろう。

やれないと断ることは勇気がいる。しかし中途半端に引き受けて期待通りに達成できないと、迷惑にもなるし、評価も下がるだろう。引き受けられたら、予定どおり完了する事を期待するし、それに合わせて他の仕事も計画される。

ただし、やれないと断るには、業務をしっかりと分析して、断る理由を論理的に説明できなければならない。上司が納得できるように説明できなければならない。


このページのトップヘ