2008年4月21日(月)に東京丸の内のサピアホールで開催された日経ネットマーケティング誌主催の「SNSマーケティング2.0」セミナーに参加しました。豪華の講演陣のため会場は超満員でした。

基調講演をJaM Japan Marketing代表大柴ひさみさんが行い、ディー・エヌ・エー代表取締役社長南場智子さん、マイスペース代表取締役大蘿淳司さんがそれぞれのサービスを紹介、グーグル代表取締役社長村上憲郎さん、ミクシィ代表取締役社長笠原建治さんがパネルディスカッションをするという、今を時めくIT業界の雄が一堂に会したセミナーでした。

南場さんにはずいぶん前にお会いしたことがあるのですが、今では携帯に注力してすばらしい事業展開をされています。1日6億ページビューとか、サポート要員が300人以上とか、信じられないような数字をお聞きして、さすがによく考えられてサービスをされているなあと感心させられました。

マイスペースは日本ではなかなか伸びていませんね。なんでもできるというところが、日本人には、敷居が高いのだと思います。

村上さんと笠原さんのディスカッションは、村上さんが親子対談だとおっしゃっていましたが、お互いに遠慮していたのでしょうか、ちょっとお話に盛り上がりがありませんでした。Open Socialの考え方はこれからの方向を示唆しています。YouTubeにさっそく、mixiとの連携ボタンが入ったりして、サービスごとの囲い込みからモジュール提供、マッシュアップの世界にWebのサービスはどんどん変化していくことでしょう。

さて、その中で印象が強かったのは、基調講演をされた大柴ひさみさんのお話でした。
社内用のレポートに次のように書きました。


■ 基調講演「米国WOMマーケティング最新事情」JaM Japan Marketing代表 大柴ひさみさん
ObamaがFacebookのCo-founderであるChris Hughesをオンラインオーガナイザーにして、SNSやYouTubeなどを活用してWebでGenerationYをターゲットにしたキャンペーンを実施している事例から始まった。まさに、米国でのWOMマーケティングの最高事例である。

米国のSNSでは、MySpaceが一人がち(シェア72%)しかし2位のFacebookが急伸中(シェア16%:2007年12月)2011年にはオンライン成人人口の49%が利用すると予測されている。SNSではユーザープロファイルのポータブル化、Widgetのオープンプラットフォーム化、ニッチなSNS、イノベーションの場(API)が新たなトレンドになっている。

「消費者ひとりひとりが互いにマーケティングしあう時代」になり、SNSやCGMが重要なツプロモーションツールになってきている。AppleやJ.C.Pennyの先進事例を紹介。ポイントは、企業みずからが自分たちがユーザーになって、ユーザー目線でSNSやCGMを観察すること。

2.0 is really about People!」と閉め、まさにマーケティングが人中心になってきて主客逆転したことを強調した。


●JaM Japan Marketing(大柴ひさみさんの会社)
http://www.jamjapan.com/jp/

●大柴ひさみさんのブログ
http://www.hisami.com/

●Obamaに関する大柴さんの記事(日経BP)
オバマ候補の選挙戦に見るソーシャルメディアの役割
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20080305/148952/?P=5

●Obama
http://www.barackobama.com/

●Yes We Can - Barack Obama Music Video
http://jp.youtube.com/watch?v=jjXyqcx-mYY

●MySpace
http://www.myspace.com/

●Facebook
http://www.facebook.com/

●AppleのUGC活用
http://jp.youtube.com/watch?v=Vauh3W3peBE&feature=related