私はメーカーでウェブビジネスを担当している部門のマネジャーである。

入社時はソフトウェアのエンジニアで商品設計をしていた。入社3年目に軽い気持ちで営業体験もしたいと自己申告カードに記入したので、営業プロジェクトに入り1年間団地まわりの訪問販売を経験した。この経験は今の自分に大きく影響を与えている。その後設計に戻ったが、口うるさくて、小生意気だったせいか、さまざまなプロジェクトを転々として、おかげで出世は遅れた。

29歳で転職を試み、失敗した。30代後半は仕事がこなせず低迷した。今の職場の社内公募に応募して転勤。新しい仕事に自分の叶えたかった夢をみつけた。2000年に父を亡くして、自分の死を意識した。2002年にやっと管理職に昇進。

ここに、新米マネジャーとして日々飛び込む問題や、体得したマネジメントの術を記して行き、自分の仕事の夢を叶えたい。