発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

カテゴリ : ライフハック

4
image

出口さんにお会いしたのはループスの主催するセミナーでした。ライフネット生命社長としての出口さんのお話はとても明快で、ビジネスの成功に重要なのは、数字、ファクト(事実)、ロジック(論理)だというのが心に響きました。出口さんは活字中毒者で1万冊以上の本を読んでいると言います。この本で勧められる本は私はまったく読んでいません。自分の若かりしころを振り返ると本当に情けない気持ちになります。どうして本を読まなかったのでしょう。なんて損をしてしまったのでしょう。

自分は子供のころは本が嫌いでした。親が少年少女文学全集を買ってくれました。その本は名作に溢れていましたが、厚いのが嫌でした。ほとんど読まず、本好きの父が読んでいました。私は押し花作りの重しに使っていました。

本を読むようになったのは、40を過ぎて東京に転勤になってからです。電車での通勤時間が1時間以上あり、暇つぶしに読み始めたのです。ちょうど管理職になって部下を持ち、新規事業の担当になったこともあって、ビジネス書を読み始めました。

出口さんはビジネス書を読むより、古典や歴史、小説を読んで人間を知る方が役に立つといっています。古典を読んで自分で考えることを学ぶ。教養のない人は自分の頭で考えられない。考えられない人は他人に支配されてしまうというのです。古典は岩波文庫から選ぶと良いと。そういえば高校の国語の先生も、夏休みに岩波文庫を読みなさいと強く勧めらました。けれど結局読みませんでした。

出口さんは何をするにも遅すぎることはけっしてないと言います。今からでも間に合うでしょうか。本をたくさん読んでみたいと思います。

以下、気になった点をメモ。

「ひとつでも新しいことを知りたいと思う気持ちが教養。」

「人から学ぶ、本から学ぶ、旅から学ぶ。」

「花には薫り、本には毒を。毒の強い本は記憶に残る。」

「まとまった知識は本から。直近の情報は新聞から。百科事典がわりにネットを使う。」

「新しいことを学ぶときには、7〜8冊読む。読むときは分厚い本から読むと輪郭がつかめる。最後に薄い入門書を読んで体系化する。本で読んだら実際に体験してみる。」

「合わない本は無理には読まない。」

「インプットした情報は言語化して、アウトプットすることで初めて整理して身につく」本を読んだら書評を書きましょう。

「書いた文章は声に出して読むと、客観的に見直すことができて、よりよく整理できる」

「今のあなたが残りの人生で一番若い。」

image


「志をはたして、いつの日にか帰らん」

私の親は転勤族だったので私は地方を転々とした。だから私には故郷がない。帰りたい故郷がない。嘆いていたら「何を言ってるんですか鞍掛さん、あなたの故郷は日本ですよ!」と言われました。

そうか日本?

確かに日本人。

日本が私の故郷?

日頃ベタベタ付き合っていなくても、まさかのときには隣近所助け合ってくれる、それができるのは日本ですよ。だからあなたの故郷は日本です。日本人のコミュニティは素晴らしいのですよ。

そうか私の故郷は、日本です。

image


私も散歩が好き。歩きながらアイデアを思いつくこともたびたびあります。

散歩をすることの効用だけで一冊の本にしてしまう齋藤さんの博識と文章力には感嘆します。

歩く事は生きること。生きることは健康であること。健康でいることが仕事。つまり歩く事が楽しい仕事になる。

歩くというのは人間の基本。

齋藤さんが勧める東洋式の歩き方を実践してみます。


以下メモ

・良い発想を得るには外を歩くこと。

・重心を低くした東洋式の歩き方が日本人にはむいている。

・歩きながら声に出して詩や歌を吟じると良い。

・海馬がシータ波を出すのは歩いている時。シータ波が出ると良いアイデアが生まれる。

・手帳を持ち歩いてメモを取る。

・歩きながら会話するとポジティブな話になる。

・思い出の街を歩くのはエネルギー源となる。


■東洋式の歩き方

1.臍下丹田を身体の中心とイメージして重心をそこに置く

2.そこから竹の筒が前に水平に伸びていて引っ張られるようにイメージする

3.膝を伸ばし切らないですり足気味に、重心を低くすることを意識する

4.上半身には力が入らないように、手は意識して振らない

5.目線は10メートル先の地面を見る

6.口をすぼめてゆっくり息を口から吐く。息は自然に鼻から吸う。

NHK FMラジオを聞いていたら、小林さんが出演されていた。自律神経の権威と紹介され、3行日記というキーワードが出て、あっ、この人の本を読んだぞと思って、このブログを見たが、書評は書いていない。

自分のメディアマーカーに書いてあった。改めてここに、その読後メモを記載します。

自分は自律神経のバランスを崩し調子が悪くなることが多いので、もう一度チェック。

自律神経を整える 「あきらめる」健康法
小林 弘幸 / 角川書店 (2013-08-29) / 843円 / 72 users

・明らめるということ
あきらめると精神的な安定を得られる。何が起きたのかを明らかにして、くよくよ考えず、きれいさっぱりあきらめて、未来へ向かって歩き出す。無駄な想像をあきらめる。人のせいにしない。ネガティヴな感情は自律神経のバランスを乱す。「莫妄想(まくもうぞう)妄想をかたっぱしから消す。

・副交感神経のバランス
男は30歳、女は40歳から副交感神経のレベルががくっと下がる。それが平均寿命の差。アスリートの引退の時期。

・朝の過ごし方
朝はあわてて過ごさない。副交感神経は夜眠っている間に高くなるが、朝、目覚めると交感神経が高まってくる。朝あわただしく動き回ると副交感神経が一気に低下して、夜になっても回復しにくくなる。

・適度な運動
ジョギングは運動量が大きいため、呼吸が浅くなり、副交感神経を下げる。ウオーキングの方が健康効果は高い。つらいときはスキップする。

・片づけをする
片づけ習慣を持つと自律神経は安定する。片付けが好きな自分にはぴったりかもしれない。うれしい。

・明らかにする
ストレスを10個書き出して、4段階のレベルをつけて明らかにする。自分がいまこだわっていること、心にひっかかっていることを書き出してあきらめリストをつくる。その時は丁寧に手書きで文字を書くと、自律神経が安定する。

・日記をつける
状況を冷静に把握するために日記をつける。
,修瞭一番失敗したこと
△修瞭一番感動したこと
L斉の目標
失敗したことはきれいさっぱりあきらめ、感動したことで元気づけ、目標をたてるとゴールが明確になり不安が消えて心の余裕ができて、自律神経が安定する。

・ゆっくり動く
ゆっくり動くことで、呼吸が安定し、自律神経が安定して、血流が良くなり、心も体もいきいきと健康になる。
空を見上げるだけで体の状況は瞬時に変わる。季節や天気、自然を感じることはか副交感神経を上げる。

・呼吸
1対2の呼吸で自律神経を整える。3~4秒でゆっくり鼻から吸って、6~8で口をすぼめてゆっくり吐いていく。
ため息をつくと副交感神経が上がる。ため息はすばらしい自浄作用。

・笑顔
笑顔が副交感神経を上げる。

シンプルなことばかり、これで自律神経のバランスが整うならば、実践していこう。

image
頭を使うことは苦痛だ。だから作業に逃げる。

作業は頭を使わないので楽しい。しかも作業を達成すると仕事をした満足感で心地よい。

でも頭を使わないと良いアイデアは出てこないよ。

良いアイデアを期待してコンサルに頼んでも奇抜なアイデアか凡庸なアイデアしか出てこない。会社のことを知らない人がちょっとヒアリングしたぐらいで妙案が出てくると期待しても無理だと思う。

データ分析しても考察をしなければ意味がない。グラフを作る作業で満足していては無駄な仕事だ。グラフから課題を見出し、解決策を思案することが分析の仕事だ。

頭を使うにはどうしたら良いのか?

机を離れて、パソコンを忘れて、メモ帳持って外に出よう。

歩きながら考察する。
歩くと脳が活性化する。

セミナーに参加して学ぶ。講師と名刺交換して話す。交流会に参加して会話する。

図書館に行って本を読む。Amazonに頼らないで本屋に行って本との巡り会いを体験する。

に行って観察する。店を観察する。人を観察する。

他社の事例が気になるなら、訪問して聴く。そのためには相手に役立つ事を考えて持っていくこと。ギブアンドギブでなければ協調は生まれない。

頭を使うことは自分のため。

image


若いうちはね、歳を重ねると、大きくなったねとか、貫禄がついたねとか。

ところがいつの頃からか、「老けたね」と言われるようになる。さて何歳がその境でしょう?



それは、年齢ではないです。

年齢に関係なく、目標がなくなると老け込んでしまうのです。

だからいくつになっても、目標を持って、実現に向けていろいろチャレンジすること。それが老けこまないことなんです。

今日の宴会の締めの挨拶で聞きました。良い話です。

いつまでも目標を持って、夢を持って、叶えるために努力をしよう。

image


一枚企画書。Amazonではパワーポイントではなく、意見書、プレスリリース形式で文書をつくる。

トヨタでも会議資料は一枚にまとめるという。

ジェフ・ベゾスが言うには「パワーポイントというのは、コミュニケーション手法としてとてもおおざっぱです。箇条書きにしてしまえば、いろいろなことが簡単に隠せます。パワーポイントなら、自分の考えを徹底的に表明する必要がありません。」確かに。

論理的思考を育むためにも散文形式がよいという。先日、新規企画の発表会でメンバーにパワポではなく、リリースを書こうと提案して書かせたところ、非常に分かりやすかった。メンバーも考えをロジカルに整理できたようだ。

一枚の用紙はスペースが限定されているので、否が応でも内容を吟味しなければならない。企画や提案ではどうしてもあれもこれも取り上げたくなってしまうから、パワポで作るとスライドが増えてしまう。

一枚で作ると、印刷用紙が節約できる。プロジェクターで表示させて紙をなくすのは良いことだが、紙の利点である一覧性、非時系列、メモが書き込める。下線を引いたりマーカーを入れたりできる。これらを考えると印刷物は必要だ。上の人ほど、全体をつかんで理解し、直感で指摘や質問をするから、一枚企画書の方が理にかなっている。

そういうわけで、企画書、提案書はExcelを使ってA4一枚か、A3一枚にするようにしているよ。

image


ソフトブレーンの宋文洲さんのメールマガジンで、香港の著名テレビキャスター梁続璋さんが息子さんに送った手紙が取り上げられていた。

9つの指針があるが、その中で「命は短い。今日も浪費しているこの命は、明日にはもう消えるかもしれない。命を大切にしたいのであれば、命を楽しむ時間を増やすとよい。長生きよりも早く楽しむことが大切だ。」に強く共感した。

命を楽しむには、好奇心を失わずに、いろいろチャレンジし続けることだね。先送りせずに、今やれることをどんどんやることだ。

⚫︎最期に書いた息子への家書/宗文洲のメルマガの読者広場
http://www.soubunshu.com/s/article/408018185.html

このページのトップヘ