発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

カテゴリ : セミナー

O2O(オーツーオー)のセミナーに行って来ました。

講師は株式会社日本カードビジネス研究会の佐藤元則さん。

O2O(オーツーオー)とはモバイルのおかげで、「オフライン(リアル)の世界でオンライン(モバイル)を持ち歩いている時代に」になることと定義。これは実感するところです。

購買スタイルが変わってきていて、アメリカでは46%の人が店舗内で商品情報をモバイルでチェックしている(Lightspeed Research調べ)。73%の人が商品情報は店員に聞くよりもモバイルでオンラインチェックするのが好きだと言っている(Accenture調べ)。

日本人もすぐにそうなっていくでしょう。ということは、メーカーにはオンラインのFAQの充実、製品情報の充実が求められているということですね。

注目は、アメリカのサンフランシスコのベンチャーSquare社です。iPhoneに取り付けるカードリーダーで誰でもカード加盟店になれ、カード決済ができるスキームを作りました。

アメリカでは従来のクレジットカード加盟は、60年かけて800万店になったそうですが、Square社は、1年半で100万店を獲得したそうです。加盟店審査が厳しくないから一気に増えたそうですが、不正利用に対しては、リアルタイムでトランザクションをチェックして、異常値検出したら連絡を取るというオンラインならではの方式で対処しているとか。常識を疑って新しいやり方を考え出すことが、改革につながると思いました。

Square社の哲学は「決済はコミュニケーション」だそうで、それを目指しているのがSquare card caseです。Square社のサイトのビデオデモを見ると、これは、まさにCRMの目指すところだと痛感させます。

ビデオデモは、こんなストーリーです。
・iPhoneアプリで、近くの店を探し、商品をオンラインで探して、注文する。
・店に行けば、店側に情報が渡っていて、顔を確認して、支払いはバーチャルなSquare card caseで終了。
・次に来店した時は、店側でその人の前回の情報がわかっているので、店員は名前で声をかけ、同じものでいいのかとたずねるといったコミュニケーションができる。

●Pay with your mobile phone
https://squareup.com/cardcase

●米Square、iPhone/iPad/Android対応のモバイル決済システム「Square Register」「Card Case」発表
http://cotoha.jp/2011/05/square-register.html

●Square Card Caseのニュースビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=kf7rZbamJik
http://www.youtube.com/watch?v=mu4FJ2uuTSg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yRi_KXAqn2U&feature=related

●A new way to pay (CBS NEWS)
http://www.youtube.com/watch?v=BDxAaFEjnn8&feature=related

さらにアメリカでは、タブレットの店頭活用が注目されています。

タブレットを導入しているアメリカの小売店は、まだ6%ですが、テスト中が28%、予定しているのが31%。その目的は、売り場サポートが52%、新たなストア体験が48%、売上アップが46%。

タブレットを使って画像や動画で商品説明をして、タブレット上で決済も済ませる。小売店は販売スタイルが変わっていくと考えているそうです。

メーカーとしてはタブレットに向けた商品情報の提供が必須になりますね。企業サイトは、ページをつくるのではなく、ワンソース、マルチアウトプットの仕組みを考えてコンテンツを充実させていかなければなりません。

「WAIS JAPAN 2009」に行ってきました。

基調講演は、ホンダのWebマスター渡辺春樹さん。

広告宣伝に使うmediaには
1)広告出稿(Paied media)
2)パブリシティやCGM(Erned media)
3)自社メディア(Owned media)
がある。

昨今の経済状況では「広告出稿(Paied media)」は経費削減の対象となり厳しい。一方で「CGM(Erned media)」はコントロールができず、やり方次第では炎上などのリスクも高い。「自社メディア(Owned media)」こそが鍵を握っており、基本に忠実にしっかりやれば、高い成果が出て投資効果も高い。

Webサイトのアクセス解析やユーザーアンケートを駆使すれば、市場動向、顧客動向、さらにはマス広告の効果測定まで可能である。Webは唯一効果を数字で把握できる媒体である。

またホンダではメールマガジンを顧客とのコミュニケーションツールとして活用し、実際に売上貢献している。

渡辺さんは、Webマスターの仕事をこう定義しています。
1)編集長
2)品質保証
3)顧客お問い合わせ窓口
4)マーケティング研究所
サイトの責任を持ち、品質、セキュリティを保証し、メールマガジンやWebお問い合わせの窓口となって顧客のダイレクトな声を聞き、さらにそれだけでなく、新しいマーケティング手法を研究開発する。

まったく同感です。企業サイトのポジションが上がってきていると思います。

株式会社デジタルワンの講演では、ECサイトの構築を事例に、「3C分析」の重要性が説かれました。メーカーでは製品企画において徹底した3C分析がされているものです。一方Webサイトはどうでしょうか?

・ターゲットの顧客を正しく知っているか、顧客の行動、気持ちを理解しているか?
→徹底することで曖昧なペルソナではなく実在の人物で「ジツザイ化」させて観察する
・競合のサイトをどれだけしっかりと調査研究したか?
→サイトだけでなく、リアル部分も徹底調査する
・自社の強みをきちんと把握しているか?
→サイトの中に散りばめて、きちんとアピールする

最後はユーザビリティコンサルティング会社のビービットの遠藤さん。顧客視点の重要さを事例ベースにワークショップを交えながら解説しました。これについては、改めてレポートします。

まる一日、いろいろな講演を聞きましたが、手を抜かずに「顧客視点」で「基本」をしっかり行うことが何よりも重要であることを再認識させられました。

●WAIS
http://www.wais-japan.com/

財団法人企業研究会が主催する「Webマネジメントフォーラム」の第5期のキックオフに参加しました。

基調講演はYahoo!の西田修一さん。今年実施されたトップページのリニューアルの話でした。

リニューアルの一番の難関は社内のステークホルダーの意見調整。当然ながらすべてのステークホルダーが満足する解は無いので、評価基準となる数字を使ってその総和が最大となるところを最高の妥協点にして納得してもらったそうです。「政治力に頼るな数字(データ)を使え」ですね。

そして次の難関は「不慣れの壁」。ベータ版のテスターの意見を聞くと、いかに利便性が上がっていても従来のインターフェースに慣れているために、新しいインターフェースには否定的になるそうです。まさしく「不慣れの壁」です。そのためにピックアップしたユーザーに実サイトでA/Bテストを実施して最適なインターフェースの試作をを繰り返し、リニューアル前に6ヶ月かけて導入のためのプロモーションなどの施策を打ち出しました。

見習いたいと思いました。

35fcfc69.jpg関西Webマスター研究会の招きで、花王の本間さんと、大阪駅前の大和ハウス工業の会議室で、講演しました。

講演慣れしている本間さんの後だったのでやりにくかったのですが、企業研究会のWebマネジメントフォーラムでの話をベースに8月にリニューアルしたグローバルプラットフォームの紹介をしました。

花王では「芋づる式急行」と呼ぶコンセプトで、顧客のWeb行動を分析して、関連する情報へのリンクハブとなる製品カタログページを作っています。最初に本間さんにお会いした時はまさにその最初のリニューアルの最中で、その先進性に感心したものでした。

また「コンテンツのバラありマス」というコンセプトで、ユーザーブログへの商品写真とスペック概要文のフィードを実現しています。こちらも自分がやりたいと思っていたことなので、すばやい対応をうらやましく思いました。

今回の話ではさらに先に進んで、WebのPDCAを回すために、試行錯誤でKPIを決めて分析の専任者をアサインしてアナリスティックチームをつくっていました。アクセス解析などでユーザーのWeb行動を分析して(Check)、20日周期でサイトの改善・最適化(Action)を始めています。

本当に勉強になります。私も負けずにチャレンジしたいと元気がでました!

2008年6月7日、新生SoulSwitch Vol.4「夢の漂泊者〜小泉八雲、旅路の果てに」を原宿エクスレルムで見る。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の作品を、八雲ゆかりの地松江出身の佐野史郎さんが朗読し、高校の同級生のBOWWOWのギタリスト山本恭司さんがエレキギター1本でBGM演奏するというライブ朗読イベント。

八雲の生涯を追う物語は八雲の代表作「耳無し芳一」でクライマックスを迎え、佐野さんの語りはぐいぐいと物語のイメージの世界へ引きずり込んでいく。

山本恭司さんのギターはさまざまな色合いの音を奏で、物語のイメージに彩色する。

朗読がこんなにも芝居になるなんて。

目を閉じるとくっきりと、暗い墓地で琵琶を奏でながら鬼気として語る芳一の姿が見えた。

4
2008年4月21日(月)に東京丸の内のサピアホールで開催された日経ネットマーケティング誌主催の「SNSマーケティング2.0」セミナーに参加しました。豪華の講演陣のため会場は超満員でした。

基調講演をJaM Japan Marketing代表大柴ひさみさんが行い、ディー・エヌ・エー代表取締役社長南場智子さん、マイスペース代表取締役大蘿淳司さんがそれぞれのサービスを紹介、グーグル代表取締役社長村上憲郎さん、ミクシィ代表取締役社長笠原建治さんがパネルディスカッションをするという、今を時めくIT業界の雄が一堂に会したセミナーでした。

南場さんにはずいぶん前にお会いしたことがあるのですが、今では携帯に注力してすばらしい事業展開をされています。1日6億ページビューとか、サポート要員が300人以上とか、信じられないような数字をお聞きして、さすがによく考えられてサービスをされているなあと感心させられました。

マイスペースは日本ではなかなか伸びていませんね。なんでもできるというところが、日本人には、敷居が高いのだと思います。

村上さんと笠原さんのディスカッションは、村上さんが親子対談だとおっしゃっていましたが、お互いに遠慮していたのでしょうか、ちょっとお話に盛り上がりがありませんでした。Open Socialの考え方はこれからの方向を示唆しています。YouTubeにさっそく、mixiとの連携ボタンが入ったりして、サービスごとの囲い込みからモジュール提供、マッシュアップの世界にWebのサービスはどんどん変化していくことでしょう。

さて、その中で印象が強かったのは、基調講演をされた大柴ひさみさんのお話でした。
社内用のレポートに次のように書きました。


■ 基調講演「米国WOMマーケティング最新事情」JaM Japan Marketing代表 大柴ひさみさん
ObamaがFacebookのCo-founderであるChris Hughesをオンラインオーガナイザーにして、SNSやYouTubeなどを活用してWebでGenerationYをターゲットにしたキャンペーンを実施している事例から始まった。まさに、米国でのWOMマーケティングの最高事例である。

米国のSNSでは、MySpaceが一人がち(シェア72%)しかし2位のFacebookが急伸中(シェア16%:2007年12月)2011年にはオンライン成人人口の49%が利用すると予測されている。SNSではユーザープロファイルのポータブル化、Widgetのオープンプラットフォーム化、ニッチなSNS、イノベーションの場(API)が新たなトレンドになっている。

「消費者ひとりひとりが互いにマーケティングしあう時代」になり、SNSやCGMが重要なツプロモーションツールになってきている。AppleやJ.C.Pennyの先進事例を紹介。ポイントは、企業みずからが自分たちがユーザーになって、ユーザー目線でSNSやCGMを観察すること。

2.0 is really about People!」と閉め、まさにマーケティングが人中心になってきて主客逆転したことを強調した。


●JaM Japan Marketing(大柴ひさみさんの会社)
http://www.jamjapan.com/jp/

●大柴ひさみさんのブログ
http://www.hisami.com/

●Obamaに関する大柴さんの記事(日経BP)
オバマ候補の選挙戦に見るソーシャルメディアの役割
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20080305/148952/?P=5

●Obama
http://www.barackobama.com/

●Yes We Can - Barack Obama Music Video
http://jp.youtube.com/watch?v=jjXyqcx-mYY

●MySpace
http://www.myspace.com/

●Facebook
http://www.facebook.com/

●AppleのUGC活用
http://jp.youtube.com/watch?v=Vauh3W3peBE&feature=related

AMNブロガーミーティングで入手した「レビューブログを書くための20のポイント」

1)ノリ・リズム・テンポを意識する

2)適度に改行を入れる

3)写真や画像を活用する

4)体験したら熱い想いのうちにすぐ書く

5)句読点の位置を考える

6)漢字とカナの割合を考える

7)文字に色を付けたり太字にしたりして見やすくする

8)箇条書きを使ってみる

9)カタログスペック以外に価値を見いだして読者に伝える

10)写真で形状や質感、サイズ比較を伝える

11)動きや時間を伴うものは動画を使う

12)梱包を開けて組み立てていく過程を撮影して、買った時のうれしい笑顔を撮影する

13)興味がなくても、つい読みたくなるように工夫する

14)長い文は避ける

15)ピンときた部分だけを切り取って書く

16)ユニークな視点から切り取って書く

17)短いレビューを何回かに分けて書く

18)最後にまとめのレビューを書いてそれぞれのレビューにリンクする

19)動画には説明を長々書かない

20)商品が好き、愛があることが大切

AMN主催のブロガーミーティング。

今回は、SONYの提供で、銀座ソニービル8階のコミュニケーションゾーン「OPUS」で開催されました。久しぶりの銀座はブランドショップが乱立して華やかさがいっそう増していました。

AMNがこういうイベントを通して、ブロガー育成に尽力している点はとてもすばらしいことだと思います。

さて、今回のテーマは「ブログとレビュー」。前半は3人のαブロガーによる、レビューブログの書き方講座。

ネタフル」のコグレさん
WebDog」のジェット☆ダイスケさん
Gizmode Japan」のいちるさん

それぞれ商品などのレビューを書くための興味深いノウハウが披露されました。

後半はソニーが発表したブロガー向けのアフィリエイト・サービス「BLOGENT:ブロジェント」のプレゼンテーション。

いわば、ソニーのブロガー向け記者発表会になったわけです。

会場にはソニーのHandyCamなどのガジェットも展示され、それぞれに説明員がつくという力のいれようです。

ソニーでは、コーポレートデベロップメント部という組織があって、「個人ユーザーを支援するネットメディア(MetMedia:ソニー社内用語だそうです)の開発と事業化」をミッションとして、ネットサービスの企画・開発・運営をやっているのです。

ここでやっているサービスは、

動画共有サイトの「eyeVio
ウィジットサービスの「FLO:Q(フローク)」
そして、今回のアフィリエイト・サービス「BLOGENT:ブロジェント


面白いことをいろいろ考えているなあと感心しました。


●アジャイル・メディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/


●ソニービル・コミュニケーションゾーン「OPUS」
http://www.sonybuilding.jp/event/opus/index.html

●ネタフル
http://netafull.net/

●WebDog
http://webdog.be/

●Gizmode Japan
http://www.gizmodo.jp/

●Sony プレスリリース「“BLOGENT:ブロジェント” 開始」
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200804/08-047/index.html


●BLOGENT
http://blogent.jp/

●eyeVio
http://eyevio.jp/

●FLO:Q
http://floq.jp/top

このページのトップヘ