発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

カテゴリ : ライフログ

image


2017年年頭言

2016年の目標は、
1)新会員組織のスタート
2)次世代チームの育成
3)セカンドステージのロードマップの確立
でした。

新会員組織は、従来のマスベースの広告宣伝から、ファンベースへと移行させる仕組みづくりの最終段階でした。一昨年末に経営陣に説明をしたものの、さまざまな過去からの仕組みの改定・統合も同時に進めるため、提案がなかなか肚に落ちてもらえません。結局説明を繰り返し、ずいぶん時間がかかってしまいましたが、メンバーの努力で7月にサービスイン、11月にはスマホアプリもスタートすることができました。念願叶って本当にうれしい。

そうして出来上がったファンベースのマーケティングを推進するためには、日々の運用、情報発信、ファンイベントの開催、データ分析が欠かせません。人材の育成こそがファンベースのマーケティング推進の根幹です。自分の人脈を活用して、その道の専門家を招聘して勉強会を4回開催できました。話をしてくださった皆さんに感謝いたします。しかし、人の育成はまだまだです。

個人的にはセカンドステージに向けて、オプンラボと「くらラボ!」と称した勉強会を2回開催しました。丸ノ内プラチナ大学でヨソモノ町おこしを学びました。横浜市の起業スクールに通いました。4月に新入社員の研修で実施したドラムサークルの魅力にはまり、ドラムサークルのセミナーに参加し、ジャンベ教室に通い始めました。「シン・ゴジラ」、「君の名は。」見ましたよ。そして一番良かったのは「この世界の片隅に」不安定な時代だからこそ、人々の生活を脅かす動きには注視していかなければなりません。

さて、2017年はいよいよ次のステージへ踏み出します。自分のミッションを「人と人のつながりを通して、人々を笑顔にする」としました。体得してきたファンベースのマーケティングの提案と、それを実行する人材の育成で貢献したいと思います。企業も人です。顧客も人です。人と人を商品・サービス・体験でつないで、お互いが笑顔になるマーケティングを推進したい。もう一つ、ドラムサークルは人と人をつなぐ、素晴らしい体験です。このドラムサークルのさらなる普及にも貢献したい。とはいえ何よりも大切なのは健康です。

そういうわけで、2017年の年頭言(目標)は、
「鍛える、挑戦する、学び続ける」
としました。


image


毎年恒例にしている今年の目標・抱負にあたる「年頭言」を記します。尊敬する佐々木常夫さんも年頭所感を勧めています。
http://toyokeizai.net/articles/-/98047

2015年は、次の3つの目標を年頭言に記しました。

1)顧客データベースの統合
2)コミュニケーション戦略を推進するチームの育成
3)顧客を優良化する仕組みの構築

顧客データベース統合はまだまだ道半ばに終わりました。

コミュニケーションチームは4月に組織化して、少しずつ動き始めています。難しいのは「伝える」を「伝わる」にすること。自分の気持ちをメンバーに伝わるようにするのさえ難しい。何度もいろいろな形で伝えることで、伝わる努力をしなければなりません。お客様へ、気持ちを伝え、それがきちんと伝わるようにするのも、日々のトライアンドエラーが重要だと思います。

顧客を優良化する仕組みづくりは、ワーキンググループを作ったので、意欲的にメンバーが動き出しました。新しい試みなので、あちこちから横ヤリも入りました。私の仕事はそういう人たちに正しく考え方を伝える事です。

日本漢字能力検定協会の2015年の「今年の漢字」は「」でしたが、これに合わせて自分でやっている私の「マイ漢字」はいろいろ前進したものの、悩む事が多かったので「」にしました。

さて、2016年は、2015年の延長線上です。次の3つとします。

1)新会員組織のスタート
2)次世代チームの育成
3)セカンドステージのロードマップの確立


3つ目のテーマは自分自身のテーマです。外への発信力を高めて、人々の役に立つライフワークを見つけたいのです。

image


毎年恒例になった「今年の漢字」。2015年は「」だそうだ。安保の「安」、安倍の「安」ですか?なんだかなぁという感じ。安村の「安」で笑い飛ばすわけにもいかない。安心、安全の「安」であって欲しいものです。

さて自分も今年の漢字を2006年から決めてきた。日本漢字能力検定協会の今年の漢字と並べて振り返ってみよう。

2006年
「命」:悠仁親王の誕生。
「混」:コーポレートのグローバルウェブサイト統合を提案して新体制ができた。しかし新しい事を始めるにあたりいろいろ乱。

2007年
「偽」:不二家、白い恋人、赤福餅などの食品表示偽装。年金記録問題の発覚。
「拡」:サイト統合を欧州から着手。仕事ががりはじめた。

2008年
「変」:アメリカ大統領選挙で、オバマ氏が変革を打ち出して当選。
「動」:部門長が代わり、遅れていたサイト統合がきはじめた。

2009年
「新」:鳩山由紀夫新政権誕生。
「進」:欧州サイト統合がんだ。

2010年
「暑」:記録的猛暑。
「成」:日米サイトが統合完了。ついに念願のサイト統合が立。

2011年
「絆」:東日本大震災。
「転」:日本のグローバルサイト統合に合わせて国内営業にじた。

2012年
「金」:ロンドンオリンピック、金環日食。
「始」:国内営業でCRM戦略構築がまった。

2013年
「輪」:東京オリンピック招致決定。
「飛」:本社社長交代。新販売会社設立。出向して新体制でび跳ねる。

2014年
「税」:消費税率アップ。
「基」:新会社のゴタゴタが落ち着いてCRM戦略構想の盤が固まった。

2015年
「安」:安保関連法案が成立。
「悩」:CRM戦略も前進して実行フェーズに移った。うまく行きだしたものもあり産みの苦しみある。10年後を想定した中長期的戦略議論に参加して、自分の将来も含めてむ。悩む。

image


3連休は天気もぱっとしないので自宅でテレビドラマ三昧です。我が家ではテレビドラマは録画して週末に一気視聴です。CM飛ばしです。

今シーズン人気なのはなんといっても池井戸潤さんの「下町ロケット」。セリフが感情的すぎて現実的ではないけれど、そこがウケる理由かもね。メーカーの元技術屋としてはうれしいネタ。

次は「エンジェルハート北条司さん原作のハードボイルド漫画のドラマ化。非現実的なストーリーだけど、移植された臓器に元の持ち主の想いが宿っているというのがなんとも物哀しい。元恋人の心臓を移植された台湾マフィアのボスの娘、スナイパー、香瑩(シャンイン)役の三吉彩花さんが良い雰囲気を醸し出しています。

視聴率が低迷しているがお気に入りなのは「掟上今日子の備忘録」。西尾維新さんのライトノベルが原作。主人公の掟上今日子は前向性健忘症で、寝ると前日の記憶が無くなってしまうという悲しい設定。それ故に1日で解決する最速探偵。依頼主の記憶も無くなるので、機密性の高い案件にぴったり。西尾さんのストーリーが凝っていてこれは面白いです。掟上今日子役の新垣結衣さんも役にはまっていて可愛らしい。

23日の朝、たまたま観たのが、NHK福岡の地域発テレビドラマ「ここにある幸せ」。福岡の津屋崎が舞台。脚本が「泣くな、はらちゃん」の岡田惠和さん。出演は松田翔太さんと宮本信子さん。ほっこりするストーリー。どこに住んでいても一人ひとり誰にでも歴史があり物語があるのです。

●下町ロケット
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

エンジェル・ハート
http://www.ntv.co.jp/angelheart/

西尾維新
http://ni.siois.in

掟上今日子の備忘録
http://www.ntv.co.jp/okitegami/

ここにある幸せ
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/shiawase/

image


内定式がニュースになっている今日このごろ。

今どきの就活はエントリーシートから始まる。履歴書の拡大版のようなものだが、書くのは大変だろう。いかに自分を売り込めるか。誤字脱字は命取り。学生時代の成果をどうアピールするのか。会社のことを調べて、自分の想いをそこにいかに盛り込むか。この一枚のシートでまずは振り落とされるのだ。

残った人たちは面接となる。実際に会ってみると、エントリーシートでの印象とはずいぶん違っている人が多かった。やはり一枚のシートで選別するのは難しい。

面接も限られた時間なので、そこで自分の良い印象を残せるかどうかはまさに試練だ。第一印象が大事。心理学では初頭効果というのだそうだ。月並みだが部屋に入って席に着くまでの一挙一動がまずその人のイメージを作ってしまう。挨拶がきちんとできないと、やはり印象は良くない。

上手に面接官の質問の意図を捉えて話をする人。立て板に水のように流暢に話せる人。練習したんだろうな。緊張してギクシャクしている人。喋りはうまいけど話が抽象的で、中身のない人。

面接で評価するのもなかなか難しい。第一印象が大事だが、この短い時間での判断は必ずしも正しくはないことも知っている。

結局は、恋愛と同じで「縁」なんだろうなと思う。縁あって採用される。だからマニュアルを読んで準備するのは大事だけど、マニュアル通りに完璧にできたとしても、縁がなければ落ちる。縁がなかっただけで、実力がなかったというわけではない。

面接官のEさんは、面接が終わって退室する時に声をかける。「今日これから実家に帰るのですか?」とか「声がかすれていたけど風邪ですか?」とか。面接が終わって緊張が解けた時に声をかけられるので、本音がポロッと出た。

●初頭効果
http://menzine.jp/lifestyle/daiitiinsyoudaiji5610/

⚫︎賢者の就活
http://kenjasyukatsu.com

ブログネタ
「わたし的には」「みたいな…」使いますか? に参加中!
image

文化庁では、毎年「国語に関する世論調査」をしている。16歳以上の男女約2000人が回答。

今年度の調査では、言い方の使用頻度についてというテーマで次の6問を聞いている。

1)「わたしはそう思います」を「わたし的にはそう思います」と言うか?

2)「鈴木さんと話をしてました」ということを、「鈴木さんと話とかしてました」と言うか?

3)「とても良かった」ということを, 「とても良かったかな、みたいな...」と言って 相手の反応を見るか?

4)「とてもすばらしい(良い、おいしい、かっこいい等も含む)」という意味で 「やばい」と言うか?

5)いいか悪いかの判断がつかないときに「微妙」と言うか?

6)面倒臭いことや不快感・嫌悪感を表わすときに 「うざい」と言うか?

●国語に関する世論調査
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/

案の定、若者と年配者では使用頻度が違う。

そもそも若者言葉は若者の特権。自分たちのコミュニティで、コミュニティだけで通じる言葉を持つことは、コミュニティ強化のためには必要だ。仲間うちの暗号のようなもの。

言葉には人によって印象が違うものがあるので注意が必要だ。例えば「馬鹿だなあ」というのは関東と関西では印象が違うらしい。

だから言葉使いは、相手や立場に合わせて変えた方が良いね。

例えば「よろしかったでしょうか」っていうのは、年配者には使わない方が良い。会社で「わたし的には…」っていうのも良くない。

最近気になるのは「ぽい」と言う言葉。名詞に付けて「子供っぽい」とか「飽きっぽい」というのは昔から使われているから良いとして、若い人が良く使う、動詞に付けて助動詞として使われている「ぽい」が気になる。例えば「親に見られたっぽい」とか「うまくいってるっぽい」とか。

とある課長から来た公のメールにこの「ぽい」が使われていたのは、なんだかなぁ。

昔、名画座で、atgの「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」を観た。もうほとんどストーリーを覚えていないんだけど、この「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ」って言葉は心に響く。

葬儀に参列したが、遺体との最後の別れはいつも哀しい。人形になってしまった遺体に絶句する。思い出と現実が交錯して、気持ちは混乱し涙が溢れる。しかし頭の隅では冷静に現実を見ている。そして「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ」と唱えていた。

人は誰でも必ず死にます。だから「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ」と、毎日を大事に送っていきたい。

この映画、DVDになっているようだから、もう一度観てみよう。


image


今週はいろいろなことがあったので、土曜日に疲れが噴き出した感覚。

経営会議、販売会議。
名古屋で販売店を集めて、年末に向けた施策伝達の特約店会議。
身内の葬儀。
新卒採用面談。

40代のころは、けっこう頑張ってしまって無理をしたけど、50代になると身体がついていかないので無理をしない。

40代で無理して心筋梗塞などで亡くした知り合いが何人かいる。40代の人はご注意ください。

⚫︎「突然死」はある日突然訪れる!?/healthクリック
http://www.health.ne.jp/library_sp/5000/w5000369.html

このページのトップヘ