発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

タグ: ライフハック

ライフハックネタを集めて別ブログをたててみました。
ココログはアクセス解析が充実しています。

ブログタイトルを「ライフハックとは?」にしてみました。
SEO対策の実験です。「ライフハックとは」でGoogle検索すると、13位。Yahoo!では10位になりました。

ライフハックとは?

3123afff.jpg会議室には、常に模造紙、POSCA(ポスターカラーのペン、裏写りしないので便利)、大判のPostItを用意しておきましょう。記録用にデジタルカメラもあると便利です。

例えば問題点や課題を出席者にPOSCAでPostItに書き出してもらい、模造紙に貼り付けて現状問題ツリーを作り根本原因を探ったりできます。

勉強をする時にはなんらかのかたちでアウトプット(発表する機会)をつくると良いです。そうすると期限が設定され、アウトプットをつくるために網羅的ではない集中した勉強をすることができます。

社会人の勉強は学生と違って時間も限られていますので網羅的に学ぶのではなく重要なところだけを効率的に学んで実務に生かせば良いのですね。進んで発表会などで発表する機会をつくると良いです。整理もできますし。ブログに書くことも有効でしょう。

●参考図書
30歳からの成長戦略/山本真司

ケリー・グリーソンの「なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣」に教えられました。

この本の教えはとてもシンプルです。「すぐやる」なのです。

初めて読んだり触れたりしたときに、すぐに取りかかること。これなのです。

やれっこないと思っていましたが、やってみたらやれました。優先度など悩まずにとにかく片っ端から即断即決で処理するのです。毎日悩まされていたメールの処理も見事に成功。

今まではメールを読み終わると、処理を後回しにしてフラグをつけたメールが山のように残っていましたが、もうありません。処理の時間もたいしてかかっていないのです。先延ばしにするのはただの悪い習慣だったのです。

メモにはひとつのテーマごとに簡単な分類マークと日付を付けています。こうするとあとで見る時に便利です。

分類マークは手書きでできる小さなアイコンにしています。

 1)アイデア・ヒント:電球
 2)備忘メモ:上綴じスパイラルメモ帳
 3)日記:左綴じノート
 4)本:開いた本
 5)ToDoメモ:チェックボックス
 6)重要マーク:☆(星)

写真をご参照ください。
メモマーク

ケリー・グリーソンの「なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣」を読んでいます。ビジネス・テクノロジー協会が過去15年にわたって獲得した時間節約のためのアイデアと行動指針いわばライフハックが書かれています。

毎日メールの処理に悩まされているので、メールの部分が気に入りました。自分なりにアレンジして実践中です。

1)メールを処理する時間を決める

メールソフトを立ち上げたままにすると新しいメールが来る度に急かされて、作業中の仕事の効率が落ちます。メールを処理する時間を決めてその時間に集中的に処理します。さすがに1日1回では即時性を発揮できないので、朝、昼、帰宅前の3回程度で時間を予約してスケジュールに入れてしまいます。その時間以外はメールソフトを起動しません。

2)端から機械的に「すぐやる」

この本のポイントは「すぐやる」です。メールを見たらやるべきことを先延ばしにせず、片っ端からすぐにやっていくのです。意を決して、初めて読んだときにすぐ取りかかるのです。無理だと思っていましたが、実際やってみるとできました。以前は後回しにしたことを優先度など悩まずにとにかく片っ端からやってしまいました。するとやれてしまうのです。後回しにすると、そのメールを後でまた読まなければなりません。時間のムダです。やってしまうとすっきりします。「望ましい速さで行動できないのは、その業務が極端に難しいからではなく、むしろ、可能なときには必ず先延ばしをするのが習慣になっているから」これですよ!

3)メールのちょっとしたコツ
・件名だけでわかるように件名をはっきり書く
・最初に趣旨を簡単に書く
・1通につき話題をひとつに限定する
・無礼で心ない人たちが相手のときも礼儀正しく、寛大に

3
頭がいい人の習慣術/小泉十三 ★★★☆☆

この本は「プレジデント」誌でも読む感覚で読むと良いでしょう。自分がこれだと思ったハウツーは試してみて吸収すれば良いです。そして自分なりの仕事術をつくるのです。小泉十三さんは、1956年生まれ、早稲田大学文学部を卒業後出版社で実用書などの編集に携わった後独立して現在は執筆活動をしているということ。もしかすると早稲田のキャンパスですれ違っていたかもしれません。

参考文献を見ると、押出しファイリングで有名な野口悠紀雄さんの「「超」整理法」や、「続「超」整理法・時間編」、林望さんの「知性の磨きかた」、東谷暁さんの「困ったときの情報整理」、立花隆さんの「「知」のソフトウェア」(書評)、堀場雅夫さんの「仕事ができる人できない人」、ユージン・グリースマンさんの「成功する人の時間術」和田秀樹さんの「「頭のいい人」のしくみ」「他人の10倍仕事をこなす私の習慣」、糸川英夫さんの「驚異の時間活用術」といった本があがっています。これらの実用書のエッセンスをまとめたような本なので便利です。

では、この本から私がピンと来たものを私なりにまとめてみましょう。

1)80点主義

学校じゃないのだから、ビジネスの世界は80点で十分。100点を追求するのは時間と労力の無駄というわけです。若い人はどうしても100点満点を目指してしまい、融通が利きません。80点でがまんしてどんどん解決していった方が仕事はかどるのです。

2)優先度をつける習慣

仕事を始める前に今日のスケジュールをチェックして、やることの優先度を決めましょう。優先度を決めるときは、「やらないこと」から決めていくのがコツです。帰る前に、明日の仕事をチェックしておく。優先度を決めることで仕事は効率的にはかどり、時間が節約できるのです。

3)パソコンにのまれない

メールは時間を決めてチェックしましょう。1日に数回でいいのです。パソコンは作業を増やします。作業は仕事をしている気にさせます。しかし作業では頭を使うこと、考えることができません。無駄に時間を費やしているのです。例えば、古いファイルをフォルダを作って整理して1日を使ってしまった体験はありませんか? パソコンで作業することはやめて、手で紙に書いてみることを勧めていますが、賛成です。また必要な情報を詰込んで、外出して歩きながら考えることを勧めています。歩くことで脳が刺激を受けて、アイデアが浮かぶのだそうです。これも納得です。




頭がいい人の習慣術 - livedoor Blog 共通テーマ

自分の本の読み方をまとめてみました。

・まずあとがきから読む

伊藤洋一さんがラジオで勧めていたので実践している。確かに著者の思いや要約があって本文を読む前の手がかりになる。おすすめです。

・ひとつのテーマを学ぶ時はそのテーマを扱う本を複数短期間に読む

これもよく言われていることだ。1冊だけでは理解しにくかったこともわかるようになるし、要点も見えてくる。なかなか本代も馬鹿にならないので図書館などで借りて乱読し、ピンときた本を買うようにしている。

・読んでいてピンとこない本は途中でも読むのをやめる

立花隆さんも野口悠紀雄さんも著書で述べていた。どうしても頑張って読もうとしていたが、時間を節約するためには、無理しないことにした。買った本だとつらいけど。

・付箋紙を活用し、読む度に付箋の場所を読み返し、付箋紙を貼り替える

ポイントになるところに透明で先端だけ色のついた付箋紙を貼っている。そしてその本を開く度に付箋の部分を読み返す。ワンクッションおいてから読み返すと、それほど重要じゃなかったり、また先の部分で詳しく述べられていたりしているのに気づく。不要な付箋紙は剥がしていく。

・付箋の部分を書き出す

読み終わったら、貼り直して残った部分を読書メモ用の専用の手帳に書き出して記録にしている。パソコンに入力するのも良いのだが、手で書くのが記憶のためにも良いようだ。読書メモ用の手帳は持ち歩いて暇な時に振り返ると学んだことが身に付く。

・読後感をブログで公開する

アウトプット型の学習とするために、書き出した読書メモを基に、書評を書いている。

どうでしょうか、お役に立ちますか?(小説の読み方は違います。)

このページのトップヘ