発想するリーダー宣言!

リーダーシップ、ライフハック(仕事術)、Webマーケティングをつづるkurakakeyaのライフログ

タグ: Webマーケティング

4
2008年4月21日(月)に東京丸の内のサピアホールで開催された日経ネットマーケティング誌主催の「SNSマーケティング2.0」セミナーに参加しました。豪華の講演陣のため会場は超満員でした。

基調講演をJaM Japan Marketing代表大柴ひさみさんが行い、ディー・エヌ・エー代表取締役社長南場智子さん、マイスペース代表取締役大蘿淳司さんがそれぞれのサービスを紹介、グーグル代表取締役社長村上憲郎さん、ミクシィ代表取締役社長笠原建治さんがパネルディスカッションをするという、今を時めくIT業界の雄が一堂に会したセミナーでした。

南場さんにはずいぶん前にお会いしたことがあるのですが、今では携帯に注力してすばらしい事業展開をされています。1日6億ページビューとか、サポート要員が300人以上とか、信じられないような数字をお聞きして、さすがによく考えられてサービスをされているなあと感心させられました。

マイスペースは日本ではなかなか伸びていませんね。なんでもできるというところが、日本人には、敷居が高いのだと思います。

村上さんと笠原さんのディスカッションは、村上さんが親子対談だとおっしゃっていましたが、お互いに遠慮していたのでしょうか、ちょっとお話に盛り上がりがありませんでした。Open Socialの考え方はこれからの方向を示唆しています。YouTubeにさっそく、mixiとの連携ボタンが入ったりして、サービスごとの囲い込みからモジュール提供、マッシュアップの世界にWebのサービスはどんどん変化していくことでしょう。

さて、その中で印象が強かったのは、基調講演をされた大柴ひさみさんのお話でした。
社内用のレポートに次のように書きました。


■ 基調講演「米国WOMマーケティング最新事情」JaM Japan Marketing代表 大柴ひさみさん
ObamaがFacebookのCo-founderであるChris Hughesをオンラインオーガナイザーにして、SNSやYouTubeなどを活用してWebでGenerationYをターゲットにしたキャンペーンを実施している事例から始まった。まさに、米国でのWOMマーケティングの最高事例である。

米国のSNSでは、MySpaceが一人がち(シェア72%)しかし2位のFacebookが急伸中(シェア16%:2007年12月)2011年にはオンライン成人人口の49%が利用すると予測されている。SNSではユーザープロファイルのポータブル化、Widgetのオープンプラットフォーム化、ニッチなSNS、イノベーションの場(API)が新たなトレンドになっている。

「消費者ひとりひとりが互いにマーケティングしあう時代」になり、SNSやCGMが重要なツプロモーションツールになってきている。AppleやJ.C.Pennyの先進事例を紹介。ポイントは、企業みずからが自分たちがユーザーになって、ユーザー目線でSNSやCGMを観察すること。

2.0 is really about People!」と閉め、まさにマーケティングが人中心になってきて主客逆転したことを強調した。


●JaM Japan Marketing(大柴ひさみさんの会社)
http://www.jamjapan.com/jp/

●大柴ひさみさんのブログ
http://www.hisami.com/

●Obamaに関する大柴さんの記事(日経BP)
オバマ候補の選挙戦に見るソーシャルメディアの役割
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20080305/148952/?P=5

●Obama
http://www.barackobama.com/

●Yes We Can - Barack Obama Music Video
http://jp.youtube.com/watch?v=jjXyqcx-mYY

●MySpace
http://www.myspace.com/

●Facebook
http://www.facebook.com/

●AppleのUGC活用
http://jp.youtube.com/watch?v=Vauh3W3peBE&feature=related

●携帯電話のカメラ機能4人に1人は「必要ない」
http://japan.internet.com/research/20070612/1.html

私もそう思います。カメラ機能いらないから、電池がめちゃくちゃ長持ちする携帯電話をどこか作ってください。

●メールの処理にとられる時間は予想外に多い
http://japan.internet.com/research/20070615/1.html

1日の勤務時間のうち、「1時間以上2時間未満」をメールの処理に費やしているユーザーが24.3%だそうです。

●アップル、SafariブラウザをWindows対応に
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20350618,00.htm?tag=nl

「WindowsでSafariを使えるようにする決定が下された背景には、間違いなくiPhoneがある」なるほど。iPhoneは欲しい。

●2006年度ネット広告出稿:自動車、IT関連が下半期に増加--VRI調べ
http://japan.cnet.com/research/column/market/story/0,2000067181,20350587,00.htm?tag=nl

2006年度(2006年4月〜2007年3月)のインターネット広告は369億インプレッション。ということはだいたい1日1億インプレッションということになりますね。

ビジネスバッグを買うことになりました。ビジネスバッグにはこだわっているのでいろいろ調べてみました。

まず通勤途上で観察。主流は黒のナイロン製です。ショルダーバッグになるものが多いですね。吉田カバンやACEなどが目につきます。頑丈そうなのはTUMIです。何が入っているのか分厚いバッグを肩から下げている人もいます。スイスのアーミーナイフのVictorinoxもビジネスバッグを出しているんですね。若い人にはトートバッグをビジネスバッグに使っている人もいますね。トートバッグは女性用のイメージでしたが最近は変わりました。ベージュや茶系も増えてきました。デザインの洒落たものもいいですね。

ウェブサイトでも探しました。メーカーのウェブサイトはウェブのデザインに凝りすぎて、肝心のバッグの詳細情報があまり載っていないところが多いです。大きさや重さ、中の仕切り、持った感じの写真など欲しい情報がなかなかありません。むしろ楽天に出店しているお店のページの方が参考になります。写真も豊富ですしコメントも参考になります。

メーカーのサイトで良かったのはTUMIでした。商品情報がきちんとあります。写真も多方向のものがあり、検索も充実、ピックアップした商品を一覧表で比較もできます。

結局何にしたかというとBOBLEBE-Eのバックパック型のビジネスバッグです。通勤は駅まで15分歩くので、楽なバックパックを選びました。BOBLEBE-Eも日本のウェブサイトはよくできています。しかしまだ決めかねていました。そんなとき、たまたまチェックしていた「ヤマチョイ」のSoulSwitchのビデオで、スタッフがそのBOBLEBE-Eのバックパックを背負っているではありませんか。動画で見ると雰囲気がよく解りました。それが決めてになりました。

きれいなカタログ写真だけでなく、このように実際に使用されている状態の写真や特に動画は購買決定に大きく影響すると痛感しました。メーカーのウェブサイトこそ顧客視点でこのようなさまざまな情報を集積し、整理し、提供すべきだと思います。

●ヤマチョイ
http://www.music-eclub.com/yamachoi/

私が参加している「フュージョン商品づくり研究会」の2007年度の第一回講演会で、「企業Web2.0〜顧客中心発想による企業ウェブサイトのグローバル展開法〜」という大それたタイトルで1時間いただいて講演しました。このブログのタイトルにもある「企業Web2.0」ですが、その実現の第一段階として公開した自社のサイトを紹介しました。

これまでの、体験から、「企業Web2.0」とは、自社のウエブサイトを

1)双方向の自社メディアとして活用すること。
2)ナレッジマネジメントツールとして活用すること。
3)(社内)変革のツールとして活用すること。


と考え、その事例をあげて説明しました。

仮説思考」を書かれた内田和成さんが、ご自身のブログで、
企業がWeb2.0と騒いでいるうちはダメで、もっと自然に使いこなせるようにならないと本当の意味で既存企業の武器にはならないだろう
と述べていますが、そのとおりだと思います。自社サイトもまだまだWeb2.0にはなっていませんが、チームのメンバーの中には、形にすることで、Web2.0が少しずつ自然に意識されるようになってきたと感じています。

ビジネスブログを運営しています。顧客との双方向コミュニケーションが重視される時代、ビジネスブログはひとつの手法として注目されています。電子楽譜販売サイト「ぷりんと楽譜」ではブログ「ぷりログ」のおかげでリピーターが増え、売上貢献しています。しかしながらブログ運営には注意が必要です。ポイントをまとめてみました。

1)エバンジェリストが面白がって書く

ライターは熱意と意欲がなければ続きません。楽しんでやれないと続きません。

2)個人視点で書き、個性を出す

ブログは個人が中心になっている世界ですから、企業色は嫌われます。ビジネスブログといえども個人・個性を出してブログとして認めてもらうことが重要です。

3)一人きりで書かない。相談したりネタを集めるサポートチームを作る

ネタ探しは大変です。また行き詰まったり悩んだりすることが必ずあります。そんなときに助け合えるようにブログ運営チームを作って支援します。定期的に会議をしてネタや方針、効果を確認し戦略を練ります。

4)上司が理解している


ライターや運営チームが社員ならば、上司が理解していて、時間やお金を十分確保してもらえることが必要です。またブログはむやみに検閲してはいけません。

5)企業機密を書かないなどルールを決めておく

ビジネスブログは否が応でも会社やブランドを肩に背負うことになります。文体や禁止事項などルールを決めてから書きます。ルールに従って書くことでライターに権限を与え、無益な検閲をさけ、ライターのモチベーションも維持します。

6)関連している他のブログをたくさん読む

ネタ探しや読者拡大のためには関連する他のブログをできるだけたくさん読むことが重要です。ブログ界の暗黙のトレンドやルールを知るためにも必要です。

7)コメントとトラックバックを受け付けて、コメントにはレスを書く

ブログシステムが従来のホームページと違う最大のポイントは双方向コミュニケーションの仕掛けが標準化されていることです。ビジネスブログではせっかくのこの機能をネガティブコメントやいわゆる「炎上」を恐れて外している例がありますが、恐れずに最悪の場合の対応を予め決めておいて積極的に活用すべきです。

8)ウソを書かない。ヤラセをしない


「炎上」を避ける唯一の方法です。

9)計画的に少なくとも週2回以上更新する

ブログでもっとも重要なことは更新頻度です。もともと手軽に日常的に記録するためのシステムですから頻繁な更新が読者からも求められています。継続的に更新するためには更新のスケジュールをあらかじめ決めておいて計画的に進めることが大事です。そうしないと、三日坊主になってしまうのが常です。

「ブログスフィア/ロバート・スコーブル、シェル・イスラエル」はビジネスブログを始める人には必読な本です。ビジネスブログを運営するためのヒントに溢れています。

●ぷりんと楽譜
http://www.print-gakufu.com/

●ぷりログ
http://www.print-gakufu.com/blog/



このページのトップヘ